最近、娘がピアノを習い始めた。2年間ほど、習いたいといのを聞き流し続けたが、しつこいので、「練習サボったら即やめるからね。ママが習わせたんじゃないからね」ということで始めた。始めてみると、今の教本「ぴあのどりーむ」「ぴあのどりーむ レパートリー」「ぴあのどりーむ ワークブック」の3冊組みのは、入りやすくて楽しい工夫がいっぱい。娘が楽しそうに弾いているのを見て、ちょっと自分も弾きたくなった。とりあえず…と思い懐かしいブルグミュラー25番をネットで買ってみた。昔のままの版と「ブルグミュラー25の練習曲」解説付 New Edition音楽之友社という新版があり、試しに新版にした。多分、先生は昔私に曲想だのいろいろ話して下さったとは思うのだけれど、その頃はやらされ感満載だったので、聞く耳を持たず、記憶にない。でも、新版には先生用、生徒用の解釈が書いてあって面白い。弾いてみたら、笑っちゃうほど指が動かない。でも楽しい。密かに娘用の教本から出直し中。どこへ行くのか、私!!