先日、葉山一色海岸で小学生対象のスノーケリング教室がありました。

 

浅瀬でマスク・スノーケル・フィンの使い方を教わって、いよいよ磯へ向かう時、

小3のR君がサンダルを履かずに素足のまま歩き出してしまいました。

すると、すかさず6年生のH君が振り返ってR君にサンダルを履くように促しました。

 H君、ナイスフォロー! 

 

H君とR君は初体面なのですが、いわゆる「異年齢」の子どもと一緒にいると、

自然と年下の子を気遣えるようになるのでしょうか。

 

海中を覗く子ども達から歓声が上がるのが聞こえてきました。

 

 

9月17日(祝)にも教室があります。

 

http://oceanfamily.jp/program/doc/2012summer_autumn.pdf