今年で4回目を迎える「逗子海岸映画祭」の最終日に、地元キッズが手掛けた作品が上映されることになりました。

名付けて、「逗子海岸こども映画制作プロジェクト」。

そのキックオフミーティングが3月3日に行われ、

小学生の海のアフタースクール「黒門とびうおクラブ」有志を中心に、我こそはと手を挙げた子どもたち、小1~中2の11人が参加しました。

キックオフでは、大手広告会社のクリエーターの指導のもと、逗子のCMを製作。

映画製作のダイジェストともいうべき作業を一通り体験しました。

これから子どもたち全員が、それぞれ逗子の「海」「山」「街」を舞台にした冒険活劇のシナリオ案を考えて持ち寄り、コンペを経て、オリジナルのストーリーを立ち上げます。

春休み中に撮影予定ですので、逗子のどこかで、ちいさな俳優さんや、カメラマンさん、監督さんたちの「現場」に出くわすかもしれません!

完成した作品は、5日6日の同映画祭で上映されるほか、スペイン・バスク地方のサンセバスチャン国際映画祭のスクリーンにもかけられる予定です。