夏休みの8月4日(日)に親子で参加出来るイベントのご案内です。

「カホン」という楽器をご存知ですか?カホンとはスペイン語で「箱」という意味なのだそうです。まさにパッと見は「ただの箱」ですが、多彩な音の出る南米ペルー生まれの「打楽器」なんですね。

 昨年の夏に引き続き、今年もこの「カホン」を手作りするワークショップが青少年会館にて開催されます。製作に使用する木材は、東日本大震災で被災した岩手県陸前高田から取り寄せ、また、参加費の一部を被災地の植林事業基金「緑の復興プロジェクト」へ寄付し、東北の森の植林活動資金へ充てられるそうですよ。

逗子市内64箇所の広報掲示板にもチラシが掲出されています。限定25組ということですが、既に残席は残り僅かだそうです。参加ご希望の方は下記詳細をご覧の上、担当の泉さんへ直接お申込み下さいね。

 

:::::::::::::::::::::::

逗子まちなかアカデミー・子ども体験学部 第4弾

「第二回 逗子カホンプロジェクト×緑の復興プロジェクト」

::::::::::::::::::::::

【日時】2013年8月4日(日)10:00〜16:00(受付9:40〜)

【会場】逗子市青少年会館(逗子市桜山5-20-29)

【費用】6,000円(カホン1台分)

※材料費・寄付金込み

※親子で複数台製作されたい場合は事前にお申込み下さい。

【定員】親子25組

※5歳以上対象。小学生以下は保護者同伴にてご参加下さい。

※大人の方のみのご参加も歓迎します。

【持ち物】お弁当・マイカップ・汚れても良い服装(または着替え)

※お一人様別途500円にてお弁当のご予約も承ります。

※お飲み物とお菓子をご用意しております。

【会場までのアクセス】公共交通機関や自転車をご利用下さい。

http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/jidou/seisyounen/

①JR逗子駅より

京浜急行バスご利用にて「逗子警察署前」下車、徒歩約3分。

4番乗り場より「逗18 イトーピア中央公園行」9:33発

5番乗り場より「逗21 グリーンヒル経由田浦行」9:15発 9:45発

②JR東逗子駅より

逗子方面へ徒歩約15分。タクシー利用にて約4分。

【当日のタイムスケジュール】

10:00〜12:00 カホンを作ろう&森のお話をきこう

12:00〜12:45 お弁当を食べよう

12:45〜15:00 カホンの仕上げをしよう

15:00〜16:00 みんなで叩いて歌おう

※適宜休憩あり。進捗状況により時間が繰り上がる場合もあります。

【カホンのサイズ】30×30×40cm

※お持ち帰り用の袋をご用意しております。

【お申込み方法】

①参加者全員の氏名・年齢

②電話番号

③メールアドレス

④お弁当のご予約を希望される方のみ、希望される個数。

⑤カホンを複数台製作される方のみ、希望される個数。

以上を、件名「カホン申込み」とし、7月31日(水)までにご連絡下さい。

【お申込み・お問い合わせ】担当/泉

zushi_pp@yahoo.co.jp TEL 090-8845-1268

【協力】カホンプロジェクト・株式会社キリガヤ

【主催】逗子まちなかアカデミー市民の会