昨年9月、逗子市内で田中優さんのトークライブが開催されました。

岡山県にある田中さんのご自宅は管轄の中国電力からの送電線をひいておらず、太陽光パネルと独立電源システムを導入し、電気については100%自給自足を実践していらっしゃいます。

「夏なんか日中かんかん照りだし、電気が余っちゃって余っちゃって!掃除機かけたり、洗濯機まわしたり、さらにエアコンかけても余っちゃうんですよね!だから家の中に新しい電化製品がどんどん増えちゃって!(笑)」

 …と、節電を呼びかけるのではなく、自然の恵みで発電した電気をじゃぶじゃぶ使うその事例は、「逗子葉山でも実現可能なんじゃないか?」と、とても前向きになれる提案ばかり。1歳の息子をおんぶしながら、終始ワクワクした気持ちでお話を伺いました。

「逗子葉山で、私は子ども達とどういう暮らしをしていきたいんだろう…。」

その未来のイメージを具体的に強く持つ事で、今からどうやって社会を変えていく事が出来るか?その望んでいる未来に向けて、個人が出来る事は何か?…というその糸口が明確になってくる。そんな答え合わせをしていく様な講座でした。

昨年のトークライブには逗子市社会教育課の職員さんも出席されていたのですが、今回開催される講座が、まさにその「逗子市社会教育課」主催で、なんと参加費は無料です!

さらに今回は「菌ちゃん野菜づくり」をすすめる吉田俊道さんとの対談までもが実現しました。

田中さんの講演中に難しい言葉は使われません。(少なくとも、何の専門性も持ち合わせない専業主婦の私ですら、とてもよく理解出来ました。)

え〜凄いなあ!わあ、楽しそう!…と、思わずメモをとらずにはいられない具体策に溢れています。

穏やかな逗子海岸、取り囲む美しい山々、自然に恵まれたこの逗子葉山でこれからもずっと、おじいちゃんおばあちゃんになるまで暮らしたい。

そのこれからの長い年月で「自然に寄り添う未来を選択していきたい」と、ちょっとでも考えている方には、ぜひ聴いて頂きたい講座です。

————————————————————————

逗子市 平成26年度社会教育講座・生ごみ講演会

「未来のために、今できること」

http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/syakyou/syakaikyouiku/recycle26.html

■日時  7月27日(日)15:00〜17:40

■会場  市民交流センター(2階第2・3会議室)

■アクセス 京浜急行・新逗子駅より徒歩2分

      JR・逗子駅より徒歩5分

      http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/kouryu/koutu.html

■内容  15:00~15:40 (40分) ミニ講演会(吉田俊道さん)

     15:45~16:25 (40分) ミニ講演会(田中優さん)

     16:30~17:20 (50分) 対談

     17:20~17:40 (20分) 質疑応答

■定員  50名 逗子市以外の方も大歓迎です。

■参加費 無料

■お問合せ ・申込 1~6いずれかの方法で

1.フォーマットより

http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/syakyou/syakaikyouiku/kouza_form2/

2.逗子市ホームページ電子申請・届出より

https://shinsei.asp-e-kanagawa.lg.jp/eka-jportal/MainMenu.do?lcd=142085

3.お電話 046-872-8153(直通) 平日8:30~17:15

4.ファックス 046-872-3115

5.メール syakaikyouiku@city.zushi.kanagawa.jp

※ファックス、電子メールでお申込みの場合は、名前、住所、連絡先を記載してください。

※3日以内に返信がない場合はお問い合わせください。

6.市役所窓口 逗子市教育委員会社会教育課へ直接

■保育あり 先着10人

■手話通訳・要約筆記:要申込み

※保育、手話通訳・要約筆記を希望する人は7月18日(金)までに申し出てください。

 キャンセルする場合は、事前にご連絡ください。

 

吉田俊道さん 大地といのちの会 http://daititoinotinokai.web.fc2.com/

田中優さん 田中優の‘持続する志’ http://www.tanakayu.com

 

————————————————————————

 海山時間 Facebookページでもご案内しています。